ここから本文です

レアル・マドリードが久保建英獲得を正式に発表

6/14(金) 20:09配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 さまざまなクラブとの交渉に発展し、ムンドデポルティーボがタイムリーに報じていた久保建英の将来だが、レアル・マドリードが正式に獲得を発表した。

 FCバルセロナのカンテラで活躍した久保は、FIFAの制裁によって帰国。18歳になって海外移籍の制限がなくなったあと、より良い契約を求めた結果、バルサに戻るのではなくマドリードのオファー受け入れることにした。

 今回ブランコスが提示した契約内容は、年俸100万ユーロ(約1億2000万円)の5年契約だと言われている。これに加え、マドリードは久保が希望していた2シーズン目のファーストチーム昇格も約束したそうだ。

 一方のバルサは、カンテラの哲学に反してまでの契約内容を用意しなかった。その結果、タケは夢だったアスルグラナでのプレーを諦めることになったが、目標は達成したことになる。

執筆者:Angel Perez

最終更新:6/14(金) 20:09
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ