ここから本文です

【ブラジル】「友情の橋」通行止めに パラグアイ市民のデモで

6/14(金) 0:28配信

サンパウロ新聞

 パラグアイ側で発生した市民らによるデモの影響で、ブラジル─パラグアイ間の車両の行き来ができなくなっている。

 12日付伯メディアによると、ブラジルのフォス・ド・イグアス市(パラナ州)とパラグアイのシウダー・デル・エステ市の間に国境をまたいで架かる橋「友情の橋」の車両の通行が同日午前11時頃に全面的に停止された。

 この車両通行止めは、この地域の経済危機に対する解決策、そして汚職の終焉とフォス・ド・イグアス市で購入された食料品の厳しい検査と没収の終了を求めて「友情の橋」の近くに位置するシウダー・デル・エステ市内の商業地区に多数集結したパラグアイの市民らが「友情の橋」を占拠するのを防ぐためにパラグアイ側で採られた措置。

 ブラジルの連邦道路警察によると、歩行者の往来は認められているが、車両はブラジルへ入ることもブラジルから出ることもできない状態で、同日午後3時半時点においては、車両通行止め解除のめどは立っていない。

サンパウロ新聞

最終更新:6/14(金) 0:28
サンパウロ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事