ここから本文です

ポケモンGO、幻のジラーチがついに出現。入手方法はGO Festイベント限定リサーチ、日本での解禁は?

6/14(金) 21:11配信

Engadget 日本版

米国シカゴで始まったイベントPokemon GO Fest で、幻のポケモン『ジラーチ』がポケモンGOに初めて出現しました。

大人のポケモンGO図鑑

ジラーチは『ポケットモンスター ルビー・サファイア』(ホウエン地方、第三世代)から登場した「ねがいごとポケモン」。

ホウエン地方の幻のポケモンはこのジラーチと、すでにEXレイドボスとして登場中のデオキシスの二種のため、これでポケモンGOでは第三世代までの幻のポケモンがすべて揃ったことになります。

ジラーチは6月13日から始まったシカゴのPokemon GO Festで会場限定のスペシャルリサーチ報酬として登場したばかり。

会場限定スペシャルリサーチは5段階で、4段階目でジラーチが入手できます。内容は会場の特定の場所でスナップショットを撮る、アンノーンを3体捕獲する、100km以上離れた場所でとれたポケモンを交換するなど、完全にイベント限定の内容です。


第二世代の幻のポケモン『セレビィ』が登場した際は、まず2018年7月にシカゴのGOフェストで会場限定リサーチ報酬になったのち、8月に全世界で新たなスペシャルリサーチ「時を越えるポケモンを追え!」が解禁される流れでした。

今年2019年のPokemon GO Festは、現在開催中のシカゴのあと7月にドイツのドルトムントで、8月に日本の横浜で実施を予定しています。

7月のドルトムントと8月の横浜はどうなる?

ドルトムントと横浜でも会場限定としてジラーチが出現するのか、それとも別のポケモンになるのかは不明。ジラーチは特に三位一体的な存在ではないため、仮に釣り合いがとれる幻のポケモンで未実装のものを出すとなれば、第四世代のマナフィやダークライ、シェイミ、フィオネになります。(さすがに別格の存在であるアルセウスはもっと勿体ぶって出しそうですが)。

従来ポケモンGOでは幻のポケモンを年に1、2体程度のペースで追加してきたため、仮に夏の三か月に一気に三体追加するとなれば異例の事態です。

(一方で、幻のポケモンは第一世代でミュウのみ、第二世代でセレビィのみ、第三世代までのでジラーチとデオキシスの二種しか居なかったのに対して、第四世代ではいきなり5種に増えているため、ペース的には後がなくなるほどでもありません。)

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 21:11
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事