ここから本文です

メーガン妃 「危険」 公式アカウントの投稿で文法の間違いが多いと専門家が指摘

6/14(金) 20:40配信

Hint-Pot

以前のメーガン妃に戻りつつある 専門家が警鐘

 メーガン妃とヘンリー王子は、公式インスタグラム「サセックス・ロイヤル」で文法的な誤り、特にアポストロフィーの使い方を繰り返し間違えて非難されていると、王室専門家のメラニー・ブロムリー氏が指摘している。英「エクスプレス」紙が報じた。

【画像】誤用が指摘されたメーガン妃のインスタグラム投稿 チャールズ皇太子にも失礼に?

 ◇ ◇ ◇

 記事によると、王室専門家のブロムリー氏は「メーガン妃は“危険”なほどに、以前の彼女に戻りつつある。いかに自分が影響力のある人間になったのか、注意を払うべきだ」と米メディア「E!ニュース」で主張。メーガン妃とヘンリー王子が公式インスタグラムに投稿するたびに、文法間違いをしていることを指摘したという。

 ブロムリー氏はさらに次のように語っている。

「メーガン妃は、あっという間に昔の彼女に戻りつつあります」

「キャプションのアポストロフィーで、文法的な誤りを繰り返しています」

「投稿するたびに、それらを指摘するウェブサイトもあるくらいですよ」

「ある意味、魅力ですよね」

 今年4月にヘンリー王子とメーガン妃は公式アカウント「サセックス・ロイヤル」を開設し、公開直後には、30分で15万人のフォロワーを獲得、翌朝には記録的な220万人のフォロワーが集まったとされ、100万人のフォロワーを獲得するまで最速の5時間45分で世界記録を樹立したと話題を呼んだ。しかし、当時から、投稿記事に文法的な間違いは多いと指摘されてきたという。

Hint-Pot編集部

最終更新:6/14(金) 20:40
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ