ここから本文です

田中史朗、現役最後のワールドカップ出場を目指して。ラグビー日本代表

6/14(金) 14:22配信

J SPORTS

6月12日(水)、9月20日に開幕するラグビーワールドカップまで100日となった。3度目の大会出場目指すベテランSH(スクラムハーフ)、「フミ」こと、田中史朗(34歳/キヤノン)に意気込みを聞いた。

「100日前で興奮している」というフミはこう続けた。「チームはまだ100%できあがっていないので、そこをしっかり詰めてやっていけば、前回を超えられるチームになれると思います」。

4年前との違いを聞かれて「今回はサンウルブズというチームがあって、戦い方の認識が一緒の中でプレーしている。代表としてのラグビーの入り方が楽になり、チームとして早くまとまりやすくなっている」。

「リーダーとしてチームを引っ張っていきたい思いも持っているので、前回よりいいチームができあがると思います」と答えた。

日本代表の指揮官はハイランダーズ時代に一緒にスーパーラグビーを制したジェイミー・ジョセフHCであり、アシスタントコーチは田中の師であり、三洋電機(現パナソニック)時代にハーフ団を組んだ「ブラウニー」ことトニー・ブラウンである。

「ジェイミー、ブラウニーと一緒にできるのは光栄です。そのため(最終スコッドの)31人に選ばれて、(ワールドカップに)出る権利を得ないといけない」。

「そのために必死に頑張っています。彼らと一緒にワールドカップでラグビーしたい」。

34歳と日本代表のBK(バックス)では最年長となった。3度目、そして日本で開催されるワールドカップへの思いは強い。

「ラグビーを一生できるわけではない、僕の中では最後になるのかなと感じています。でも経験があるので、不安は全然ない。楽しみの思いが強いですね」。

「人生の最後のワールドカップをどれだけ楽しんで、結果を残せるかが重要になってくる」と静かに闘志を燃やしている。

現役最後のワールドカップへ──。リーダーのひとりであるフミは今日も練習から声を出してチームを引っ張っていく。

斉藤 健仁

最終更新:6/14(金) 14:22
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事