ここから本文です

そろそろ使っておきたい便利な無料アプリたち

6/14(金) 12:15配信

ギズモード・ジャパン

どれを試してみようかな?

オンラインサービスがいくら発展していても、たくさんの有用な無料アプリやソフトウェアは今でも存在しています。米GizmodoのDavid Nield記者は、スマートフォンからパソコンまでカバーした、掘り出し物の無料アプリを紹介してくれています。

【記事の全画像】そろそろ使っておきたい便利な無料アプリたち

なお、いくつかのアプリはソフトウェア内に課金機能が含まれています。でも課金しないままでもたくさんの機能が使えるはずです。

主にモバイル向け

JustWatch(Android,iOS)

JustWatchを使えば、見たい動画がどこで配信されているのかを教えてくれます。Amazon Prime VideoやNetflix、Hulu、HBO Now、YouTubeなど、探し回る時間を節約できるんです。さらに、コンテンツのレンタルや購入の値段が変更されるとそれを通知してくれたり、新作タイトルの登場を教えてくれたりします。

Libby(Android,iOS)

米国の図書館は何千冊もの電子書籍やオーディオブックに無料でアクセスできます。このアプリでは、司書が選んだ本や人気の本を知ったり、自分で探し回ることができます。本はサンプルを見たり、アプリ内から借りることもできます。(日本からもインストール可能ですが、現地の図書館のアカウントなどが必要です。)

Google Arts & Culture(Android,iOS)

Google Arts & Cultureでは、世界最高の美術館や博物館の展示物を見たり、近くの文化イベントを見つけたり、自分が今いる場所から近いところにあるアート作品や展示物を教えてくれます。かなーり有用に時間が使えそうなアプリですね。

Forest(Android,iOS)

Android や iOSに組み込まれているデジタル・ウェルネスアプリよりも、Forestのほうがいいかもしれません。デジタルの木を育て、森へと成長させるだけのアプリですが、これがスマートフォン中毒から離れさせてくれる気がするのです。

Spendee(Android,iOS)

Spendeeは出費パターンや予算のゴールを教えてくれるアプリです。Spendeeほどシンプルかつ直感的で、クリーンなレイアウトのアプリはなかなかありません。お金の管理が簡単にできる質の高いオールインワンアプリです。

1/3ページ

最終更新:6/14(金) 12:15
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事