ここから本文です

松山英樹「今日みたいにコツコツやっていきたい」4打差16位と好スタート

6/14(金) 17:54配信

ゴルフネットワーク

 海外男子メジャー第3戦 全米オープンゴルフ選手権は13日、米カリフォルニア州のペブルビーチゴルフリンクス(7075ヤード・ パー71)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は1イーグル、3バーディ、3ボギーの「69」で回り、2アンダー16位タイ発進を決めた。

【動画】進藤大典が名物パー3に挑戦!

―今日のラウンドを振り返って

(10番のミスショットは)練習ラウンドで似たような感じのショットが出ていたので、警戒はしていましたけど、試合でやるとは思ってもいなかったので、ちょっと動揺しました。それでもボギーで切り抜けられたのが良かったです。

―チップインイーグルについて

 (2打目について)エッジまでは風次第で届くかどうか微妙でしたけど、ミスショットでもフェアウェイに残ってくれるので、一応狙っていました。右に外すと浅く、左に曲げすぎると深いので、フェアウェイ、花道に置けて、転がって乗ればいいかなという感じで打ちました。

―ショットについて

 ドライバーとか全体的にそこまで悪くはなかったですけど、アイアンは距離感を含めて何かがズレているので、そこを修整できればチャンスが増えるかなと思います。

―グリーンの状態は

 後半になって硬くなってきて、風が出るとまた変わるので、明日のスタートは警戒しないといけないです。

―明日に向けての意気込みを

 風の状態で何とも言えないですけど、しっかりと今日みたいにコツコツやっていきたいと思います。

最終更新:6/14(金) 17:54
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事