ここから本文です

カネカのパタハラ疑惑、大学生から“アウト“の声 「水面下で鬼の転職活動ですね!」

6/14(金) 16:40配信

ハフポスト日本版

育休から復帰したら、転勤を言い渡されたーー。

化学メーカーのカネカの元社員の男性に対するパタハラ疑惑は、カネカ側が6月6日に「育休をとった社員だけを特別扱いすることはできない」として、転勤命令などは「適切だった」と結論づけるコメントを発表して収束しつつある。

同社の公式サイトトップページには、1週間が過ぎた今も、次のように結ばれた公式見解が大きく掲載されている。

元社員の転勤及び退職に関して、当社の対応は適切であったと考えます。当社は、今後とも、従前と変わらず、会社の要請と社員の事情を考慮して社員のワークライフバランスを実現して参ります

だが、折しも世の中は就活シーズン。6月9日に大阪で開かれた就活イベント「マイナビインターンシップEXPO」では、カネカは急遽出展を取り下げる事態に。

カネカのパタハラ疑惑の報道、大学生たちはどう感じたのだろうか?

「盗めるものだけ盗んで、水面下で鬼の転職活動ですね!」

「こんなことは日常茶飯事だと思っているので、カネカの一件は氷山の一角、それもほんのわずかな一角なんじゃないかなあと思います」

あっさりとこんな回答をくれたのは、外資系企業を志望するA君(22)。

「育休明けの転勤とか明らかな窓際への追いやりみたいなのは、日本だとまだまだあるんだろうなと前から感じてました。でもそれは、世界的な文脈の中で『もうやめた方がいいこと』のはず。なのに、その判断ができないという事実は会社そのものの信頼を下げますよね。こんなことも分かっていない、もしくは環境が整っていないなら、そんな会社には行きたくないです」

なんとも冷めた回答……。もしも入社した会社がこうだったらどうするの?

「盗めるものだけ盗んで、水面下で鬼の転職活動ですね! アウトでしょ! 今って、終身雇用の時代じゃないですし、職場環境の適切な整備ができない会社はどんどん人手を失う一方じゃないですか?」

ごもっともです。

「いやいや納得するかも…」

マスコミ志望の大学4年生のB君は、育休明けの転勤命令は「ひどい対応でパタハラだと思うが、受け入れるしかない」と話す。

もし、自分が入社した会社で同じことがあっても受け入れる?

ちょっと意地悪な質問をすると、「マスコミは激務でプライベートが削られる。その分、他業種よりも給料が高い、という印象があるので、いやいや納得するかもしれません」とのこと。

「もちろん妻や子供ができたら価値観は変わると思います。なので、これは23歳の大学生としての意見です」

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 16:40
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事