ここから本文です

ズべレフ撃破のブラウン 腰の怪我から復活の兆し「チャンス残っている」<男子テニス>

6/14(金) 17:09配信

tennis365.net

メルセデス・カップ

男子テニスのメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)は13日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク170位のD・ブラウン(ドイツ)が第1シードのA・ズベレフ(ドイツ)を6-4, 6-7 (3-7), 6-3のフルセットで破り、ベスト8進出を果たした。

【脱帽ブラウン「圭が良すぎた」】

ブラウンは、この日にズべレフから11本のエースを奪う。第1セットのセットポイントではダイビングボレーを決めるなどし観客を沸かせ、自身5度目のトップ10選手から勝利をあげた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには、ブラウンのコメントが掲載されている。

「勝ったあの瞬間はおそらく僕が思い浮かべていたものの全てだったと思う。まだこうして大会にいられることがうれしいし、まだポイントを獲得できるチャンスが残っている。そしていいテニスができる機会もね」

また、約2年前から腰のヘルニアに悩まされており「これは今受け入れなければならないもので、何とか乗り越えられるよう努力し続けるよ」と語った。

「ただ乗り越えられる方法を探すんだ。回復する方法を見つけ出すには少し時間がかかるかもしれない。でも段々とよくなっていて、以前ほどは悪くない。これは過程であり、多くの選手が自分たちの身体の問題と向き合わなければならない。それもまたゲームの1つだ」

準々決勝では、第7シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦する。オジェ アリアシムは2回戦で、世界ランク37位のG・シモン(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

最終更新:6/14(金) 17:09
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事