ここから本文です

KANA-BOON飯田が音信不通で警察に捜索願、メンバー複雑な胸中「ただただ無事を祈るばかりです」

6/14(金) 16:32配信

AbemaTIMES

 4人組ロックバンド・KANA-BOONが13日、公式サイトを更新。ベースの飯田祐馬(28)が音信不通状態になっていることを発表した。

 同サイトでは、「6月5日より飯田祐馬と連絡が取れておらずあらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております。すでに、ご家族より警察へは捜索願を提出しております」と、現状について説明。またKANA-BOONは、飯田と音信不通になっている状況を受け、メンバー間で協議した結果、15日に予定していたライブを中止することを発表した。公式サイトに「公演を楽しみにしていただいていたファンの皆様、出演者ならびに関係者の皆様に、深くお詫び申し上げます」と謝罪コメントを載せた。

 また14日には、ほかメンバー3人の連盟でコメントを発表。「日頃、僕達を、僕達の音楽を好きでいてくれているみなさんに、多大な心配をかけてしまったこと、とても申し訳なく思っています。そして15日のイベントを楽しみにしてくれていたみなさん、公演中止となってしまいすみません」とファンに向け謝罪してから、「僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず、心の整理がついていないのが正直なところです」「事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます。メンバーとして、友達として、とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです」などと複雑な胸中を明かした。

 今月23日以降7つのライブを予定しているKANA-BOON。今後については「とにかくめしだが無事に戻ってくることを信じながら、KANA-BOONとしての活動を休止せずに続けていきたいと思っています」と発表した。

 大阪・堺市出身の4人組ロックバンド・KANA-BOONは2008年に結成され、2013年にメジャーデビュー。翌年、人気アニメ『ナルト』のオープニングテーマがヒットし、20代を中心に人気を獲得した。現在、音信不通の飯田は一昨年、既婚の身でありながら、当時22歳の若手女優との不倫関係を認め謝罪していた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:6/14(金) 16:32
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事