ここから本文です

編集I&編集Fが試す「40代の韓国コスメ」<2>ブロウティント

6/14(金) 20:01配信

magacol

話題の韓国コスメ、使ってみました!

眉がない大人に朗報。するすると自然に旬の眉が描けるティントをお勧め

ビューティ大国・韓国で自腹買いした新しいコスメを、私・編集Iと、人気連載・通称「ビューティ迷子」の担当編集Fが試す不定期連載。2回目はアイブロウです。

40代以降の方々は細眉時代ではないでしょうか? 私も一時期細くしたなごりで、ほとんど眉毛がありません(涙)。眉毛がないとパウダー系アイブロウはそもそも色が乗らないんですよね。いろいろなアイブロウコスメを試し試行錯誤した結果、韓国ブランド、CLIOの「ティンテッド タトゥー キル ブロウ」(以下、「キル ブロウ」)に出合いました。

商品は「ティンテッド タトゥー キル ブロウ XP」03番DARK BROWN

このコスメの優れた点は、太いフェルトペンのようになっていること。力の入れ方に左右されず均一に描けるのが素晴らしい。また、液の色が薄めなのでかなりおおざっぱに描いても問題ありません。ティントなので色が沈着して失敗すると落ちないのでは? と思われるかもしれませんが、長年使ってみて、それはあまり心配も期待もしなくていいかな、と思います。

ところで、「キル ブロウ」は新しくなり、先が今までのマジックペンタイプ(右)からラインマーカータイプ(左)になりました。きっと、韓国女子の太くて真っすぐで淡い眉を作るにはそのほうがいいんでしょうね。新しいのを使ってみて、正直、マジックペン型のほうが私には書きやすいと思いましたが、これはこれで大きな問題ありませんでした。

ではつけてみましょう! 編集Fはしっかりと眉毛があるので、今回は私が試しました。

素眉です。本当にないですよね、眉毛が(汗)。

「キル ブロウ」で、ざざーーっとラフに描いてみたところ。

眉尻などを付属の筆ペンアイブロウ(後述)で整えて完成!

時代遅れにならない眉が簡単に作れる!

眉には流行があって、昔の眉メークをそのまましていると思いっきり古い顔になってしまいます。実は新しい眉コスメは色の出方や質感がちゃんと“今”っぽくなっているので、リップやアイシャドウに比べると買い換える度合いが少ないですが、是非とも更新してほしいアイテムです。これから暑い夏になるので、ティントタイプは特にお勧めです。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 20:01
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事