ここから本文です

苦しむハムスターの動画をYouTubeに…止まぬ動物虐待、法改正後は初犯で懲役刑も

6/14(金) 23:20配信

AbemaTIMES

 先月、YouTube投稿され拡散、大炎上した動画。洗面台に置いたハムスターに、歯ブラシで犬の毛を染めるカラーリングを擦り付ける様子が映し出され、さらにシャワーの水が顔にも当てられ苦しそうにしている姿も。

 投稿者のチャンネルには、他にもハムスターに激辛の柿の種を食べさせる、狭い場所に閉じ込める、爪切りで歯を切るなどの動画がアップされており、ある動画には「もっとも手っ取り早く有名になるために」といったテロップが。さらにチャンネルの説明文には炎上を煽るような文言があったことから、「ハムスターを面白がって虐待する人間が許せない」「動物虐待として捕まえてほしい」「こういうの平気でできる人がいるのが怖いよ」などの批判の声が相次いだ。

 また、署名サイトには投稿者への逮捕を求めるキャンペーンが立ち上げられ、2万人以上が賛同する事態になっている。署名運動を始めた女性は「本人があれを正当化するようなことを言っていることにすごく腹が立つ。許せない。命で遊んでる。ハムスターは1000円くらいで買えてしまうので、面白いおもちゃを買った、くらいの感覚で飼ってるのかなと思う」と怒りを露わにする。

 ハムスターの診療も行う、みわエキゾチック動物病院の三輪恭嗣院長は「染料が目に入れば結膜炎になったり失明したりする可能性があるし、耳に入れば中耳炎、口から入れば大きな問題になる。全身を染めることも確実にストレスに繋がるし、もともと乾燥した所に住んでいるハムスターがああいった形で全身を濡らされるのはありえないことで、やる意味が全くない行為だし、虐待といえば虐待だ」と指摘する。

 その後、「暴力を禁じているYouTubeポリシーに対する度重なる違反または重大な違反」との理由でチャンネルは停止措置を受けたが、 投稿者はすぐに別のアカウントで投稿を再開。以前のような過激さはないものの、ポップコーンの中にハムスターを入れる様子を映した動画などがアップされ続けている。

 ペットブームの一方で、ネットによって可視化される動物虐待。振り回されながら壁に投げつけられ、悲鳴をあげる犬の映像や、散歩中に突然蹴り上げられる犬の映像など、今年に入ってからも様々な動物虐待の動画が拡散・炎上してきた。警察庁の統計では、去年1年間に動物愛護法違反の疑いで検挙した件数は84件にのぼり、統計を取り始めて以降、最多となっている。

1/3ページ

最終更新:6/15(土) 0:44
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ