ここから本文です

中村倫也、『凪のお暇』で黒木華の隣人に 物語をかき乱すキーパーソン

6/14(金) 6:00配信

クランクイン!

 女優・黒木華の主演で7月にスタートするドラマ『凪のお暇』(TBS系/毎週金曜22時)に俳優の中村倫也が共演することが決まった。主人公・凪(黒木)が人生をリセットして住むアパートの隣人で、物語をかき乱すキーパーソンとなるゴン役を演じる。

【写真】「中村倫也」フォトギャラリー


 本作は、コナリミサトによる同名の人気漫画が原作。仕事も恋もすべて捨てた28歳のOLが突然失踪し、追いかけてきた元カレや新しく出会う人たちを巻き込み人生のリセットを試みる姿を描く。原作は月刊誌「Eleganceイブ」(秋田書店)連載中で、単行本は1~5巻累計250万部を突破している。

 主人公の大島凪(黒木)は、都内にある家電メーカーで働く28歳。いつも人の顔色をうかがいながら周囲に合わせることで、日々何事もなく過ごすことを目標にしている“真面目で気が弱く優しい”良い人代表の女性だ。しかし、場の空気を読みすぎて他人に合わせて無理をした結果、過呼吸で倒れてしまう。「私の人生、これでいいのだろうか…」と自分を見つめ直し、人生のリセットを決意。会社を辞め、住んでいたマンションも解約し、付き合っていた彼氏の我聞慎二(高橋一生)もろとも、関わっていたすべての人たちとの連絡も絶ち、コンプレックスだった天然パーマもそのままに、幸せになるため人生の再生を図る。

 中村が演じるゴンは、出会う全ての女子が彼を好きになってしまう人たらしのイベントオーガナイザーで、腕には入れ墨があり、毎晩クラブ仲間と部屋で飲み騒いでいて、どこか危険な匂いのする男。その風貌に最初は警戒する凪だが、ゴンが持つ優しく温かい空気に次第に心を許していく。

 中村は役どころについて「凪が住んでいるアパートのお隣さんで、一見やばそうな雰囲気を醸し出しているのですが、実はとても優しく穏やかな性格。悩みなんてないように見えますけど、実は周りから自分を理解してもらえないという悩みがあって。表面だけではわからないゴンが抱えている孤独感をしっかり背負いながら演じていけたらいいなと思っています」と語っている。

 金曜ドラマ『凪のお暇』は、TBS系にて7月より毎週金曜22時放送。

最終更新:6/14(金) 6:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ