ここから本文です

吹奏楽、また一緒に 滑川中出身の高1ら5人バンド結成

6/14(金) 23:00配信

北日本新聞

■16日初ステージ

 滑川中学校(滑川市下島)の吹奏楽部出身の高校1年生が中心となり、2月に吹奏楽バンド「滑川 ウインド オーケストラ」を結成した。中学卒業後も地元を拠点に演奏活動を続けるのが狙い。16日に同市である「光のコンサート」で初めてのステージに立つ。メンバーは「練習の成果を出したい」と意気込む。 (滑川支局長・小幡雄也)

 谷崎涼人さん(現呉羽高1年)が卒業前の2月、当時の滑川中吹奏楽部の数人に呼び掛け、5人が集まった。このうち4人は進学に伴って別々の高校で吹奏楽を続けることになったが、「離ればなれになっても中学の仲間と楽しく音楽をやりたかった」と振り返る。

 3月から月1、2回ペースで滑川市や魚津市に集まり、練習や打ち合わせを重ねてきた。本番はチューバやビブラフォン、マリンバなどで、「情熱大陸」と「紅蓮の弓矢」の2曲を奏でる。現役の滑川中吹奏楽部も出るため、メンバーは「後輩の前でしっかり演奏したい」と話す。

 光のコンサート出演後は、バンド名を「ジャポニスム」に変えて活動の幅を広げる。いずれは、単独でコンサートを開くのが目標だ。

 光のコンサートは毎年恒例の吹奏楽祭で、地元の小中高校の吹奏楽部や市吹奏楽団が出演。大阪フィルハーモニー交響楽団の首席奏者らによるグループがゲストで演奏する。16日午後1時から市民会館大ホールで開かれる。入場無料。北日本新聞社協賛。

北日本新聞社

最終更新:6/14(金) 23:00
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事