ここから本文です

今田美桜、声優初挑戦の「MIB」最新作にカメオ出演「なんてことだ!」

6/14(金) 19:42配信

Movie Walker

人気SFアクションシリーズ最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の初日舞台挨拶が、6月14日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。本作の日本語吹替版で声優に初挑戦した今田美桜が登壇した。初日のサプライズ報告として、今田が本作にカメオ出演したことが明かされると、今田は「もう、なんてことだ!と」と興奮しながら感想を述べた。

【写真を見る】今田美桜、”ブラック”なロングドレスに身を包んだ全身ショット

「メン・イン・ブラック」シリーズは、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないように監視、取り締まりを任務とする最高機密機関。今田が声をあてるのは、新人エージェントM役のテッサ・トンプソン。彼女とタッグを組むエージェントH役を「マイティ・ソー」シリーズのクリス・ヘムズワースが演じた。

今田がカメオ出演したのは日本語吹替版の劇中での1コマだ。「各国のインフルエンサーさんや有名人の方が、それぞれ出演されていて、日本は私が担当させていただきましたが、もうこんなことはないなと思いながらやらせていただきました」。

「MIB」シリーズの第一作目は、今田が生まれた1997年ということで、今田は「生まれた年と一緒で、勝手にご縁を感じていて。今回第4作目の吹替えを担当させていただけたことは本当にうれしかったです」と喜びを口にした。

MCから「運命を感じていますか?」と振られた今田は「そう思っていいんですかね」と恐縮したあと「まだ、0歳だから(公開当時は)観てないのですが、あとあとに観て驚きました。エイリアンとの映画は新しかったので」とコメント。

最後に、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』について「今回ロンドンだったりモロッコだったり、いろんなところで撮影をされていて、すごくスケールも大きいですし、アクションもすごくなっている超大作です。新種のエイリアンも続々出てきて、ちょっと気持ち悪いエイリアンから、かわいいものまで一緒にいるので、ぜひそこを観ていただきたいです」としっかりアピールした。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

最終更新:6/14(金) 19:42
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事