ここから本文です

白血病公表から3年…新潟DF早川史哉「地道にコツコツと全力前進していきたい」

6/14(金) 15:04配信

ゲキサカ

 急性白血病からの復活を目指すアルビレックス新潟のDF早川史哉が13日にブログ(https://ameblo.jp/fumiya-hayakawa0112/)を更新。病名公表から3年が経った心境を綴った。

 早川は筑波大から加入したルーキーイヤーの2016年6月13日に急性白血病と診断されてことを公表。その後は復帰に向けたリハビリに努めてきた。

 そして今年1月には契約の凍結解除を発表。本格的な復帰に向けた歩みを進めている。2月には同じく白血病を公表した競泳女子日本代表の池江璃花子さんに向けたコメントも発表していた。

 『3年』というタイトルでブログを更新した早川は「公表した日。ベッドの上で携帯でTwitterのタイムラインに流れるリリースされた文を見て涙が止まらなかった」と当時を回想。3年間については「あっという間だったなと思う自分と長かったなと思う自分の両方がいます。どっちやねん!って感じなんですけどこれが本当に正直なところです」と綴る。

 そして「苦しいこと、悔しいことなど沢山あったけどそれと同じくらい、いやもっとそれ以上に嬉しいこと、楽しいことも沢山感じることができました。これからも続く白血病との歩み。今こうしてチャレンジできていることに感謝しながら地道にコツコツと全力前進していきたい」と意気込んだ。

最終更新:6/14(金) 15:04
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事