ここから本文です

後半3分間猛攻で勝負あり…“敵将”よく知る鹿島DF安西「動かないと相手も動かない」

6/14(金) 22:41配信

ゲキサカ

[6.14 J1第15節 鹿島2-0C大阪 カシマ]

 前半は一方的にボールを握られていた鹿島アントラーズ。それでも後半3分、固いセレッソ大阪の守備ブロックを左サイドのユニットがこじ開けた。敵将ロティーナ監督をよく知る左サイドバックのDF安西幸輝は「やっぱり動かないと相手が動かない。それができたからうまく崩せた」と満足そうに振り返った。

 前半のシュート数はC大阪の9本に対し、鹿島は2本。今季の持ち味である前線からのプレッシングは次々に空転し、相手の縦パスを立て続けに通されていた。GKクォン・スンテのビッグセーブ、MF永木亮太のスーパークリアがなければ、複数失点を喫していてもおかしくない展開だった。

 そのぶんハーフタイムの修正点は明白だった。「前から行ってうまくいってなかったし、引き込んで行くところを決めた」(永木)。自陣でのパス回しで出方を伺ってくる相手にむやみなプレッシングは避け、迎撃守備に変更。また攻撃面では「前半に1回、相手陣地で回せる時間があったので、その時間を増やそうと話していた」という。

 するとマイボールでキックオフを迎えた後半、狙いどおりに一度もボールを奪われることのないまま相手を押し込むと、縦関係の安西とMF白崎凌兵にFW土居聖真とMF名古新太郎が加わるローテーションで左サイドを侵攻。最後は土居のクロスで崩し切り、そこからMFレアンドロのPK獲得につながった。

 前半にもクロス攻撃から決定的な場面はあったものの、C大阪の守備ブロックを崩し切ったのはこれが初めて。巧みな人員配置で効果的にスペースを埋めてくるロティーナ監督の戦術を、複数人のダイナミックな動き出しで打ち破った形だ。この場面については、前所属の東京Vでロティーナ監督と共に過ごした安西も手応えを口にした。

「1人抜けたら相手がついてくるし、得点の場面はシラくん、聖真くんと俺が、誰が飛び出すか誰が止まるかを意識していた中でうまくボールが回った。やっぱり(味方選手が)動かないと相手(選手)が動かないので、それがうまくできたから崩せたと思う」。この日の取材では、開口一番に「点決めたかったっす」と本音ものぞかせた安西。恩師の前でのゴールとはならなかったが、東京Vでの経験は間違いなく生きていた。

最終更新:6/15(土) 7:39
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事