ここから本文です

発達障害の子ども、療育の効果は? 育児漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」インタビュー(3)

6/15(土) 12:00配信

ねとらぼ

 母子ともに発達障害での育児体験をつづった漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」。2019年2月に最終章となる「入学準備編」が刊行された同作について、著者・モンズースーさんにインタビューしました。漫画本編もあわせて掲載します。(聞き手:直江あき)

【マンガを全ページ読む】

漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」とは?

 幼いころから生きづらさを抱えていた私が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした。

 未来が怖い、人目が怖い、集団が怖い。絶望と希望を繰り返しながら、それでもなんとか前向きに生きていく姿に、共感と応援の声! アメブロで総合1位を獲得した実録コミックエッセイ。

著者プロフィール:モンズースー

長男を出産後、ADHDと診断される。基本のんきで前向き。第29回コミックエッセイプチ大賞受賞後に始めたブログ「【漫画】生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」がアメブロ総合1位を記録(現在のブログは「凸凹ハウス~親子で発達障害でした~」)。2016年にデビュー作「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」を刊行、大きな話題を呼びロングセラーに。その後、「入園編」「入学準備編」(いずれもKADOKAWA)を刊行。

その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています

―― シリーズ第2巻「入園編」では、長男君の幼稚園での生活が描かれていますね。

 長男はいろんなことに興味があって手を出して、失敗して落ち込んじゃうんです。変に真面目に頑張りすぎちゃってダメになるタイプなんですよね。私も同じタイプなので気持ちは分かりますが……。

 彼は周囲を巻き込むところがあるので、対応が難しかったです。自分で一度これと決めたら、周囲がそれに従わないと終わらないし、次のことにも進めないというのが多くて。しかも、集団に合わせたい気持ちも強くて、なのにできない自分がすごく悔しかったようです。

―― けなげですね。

 当時はひどかったのですが、今はだいぶ落ち着きました。打たれ弱いところがあるので、今でも注意するときなどはすごく言い方に気を付けたりしています。

 長男が落ち着いたのは療育(※)のおかげかなと思います。療育の力ってすごい。みんながみんな結果が出るわけではありませんが、子どものころに療育を受けることに意味があると私は思います。

※療育:障害をもつ子の社会的自立を目的とした医療、保育

―― モンズースーさんも付き添いで幼稚園へ通っていましたが、ママ友付き合いはどうでしたか?

 療育ママたちは障害のある子どもの親なので、子どもに対しても親に対しても寛大な人が多かったんです。バラエティーに富んだ人たちが集まっていて、話していると楽しくて。長男が卒園した今でも付き合いがあります。

 みんな大変な状態で入るんですが、そのことを知ってる先輩ママ達が新しく入ってきた人たちのフォローをしてくれました。また、大人の人数が多い分、余裕もあったので、そこまで大変さも感じませんでした。トラブルがなかったわけではありませんが、控え室でずっと一緒にいたので、深い話もできるようになりましたね。

―― 作中ではよく先輩の療育ママたちが描かれていますが、療育パパはいましたか?

 パパが休みの日に来る家庭もありましたが、基本的にはママが来る感じでした。控え室には男性も入れるのですが、入りにくい雰囲気があって、パパは車で待機しているという場合もありました。全体的にママが1人で背負っている家庭が多い印象でした。

 「療育は平日の昼間に行われるから、仕事との両立が厳しい」というのもあると思います。昼間は療育に行き、夜勤で働いている人もいましたが。

―― 親の付き添いは大変ですね。

 子どもたちを安心させたいというだけでなく、「親子の関係も含めて療育しよう」という考え方があったのかな、と。だから、子どもと一緒に行かなければならなかったのだと思います。

(続く)

ねとらぼ

最終更新:6/15(土) 12:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ