ここから本文です

【MotoGP】カタルニアGPを3番手発進の中上貴晶「予選でフロントロウを狙いたい」

6/15(土) 9:58配信

motorsport.com 日本版

 LCRホンダの中上貴晶は、MotoGP第7戦カタルニアGPの初日をホンダ勢トップの3番手で終えた。

【画像】ロレンソ訪日の成果? 専用新型燃料タンクは“羽つき”

 中上は前戦イタリアGPでは自己ベストリザルトの5位を獲得。その勢いを衰えさせぬまま、カタルニアGP初日にも好調な走りを見せた。

「初日3番手というリザルトはすごくハッピーです。そしてホンダでトップタイムをマークしたというのも、嬉しいサプライズとなりました」と、中上自身もこの結果には驚いていたようで、喜びのコメントを公式リリースに寄せている。

「今日の結果には、すごく満足しています。しかし、今日は路面コンディションが悪く、昨年と比べてラップタイムが思うように伸びませんでした。FP1ではグリップに苦戦しました。そのときは自分だけの問題かと思ったのですが、全体的にタイムは悪く5番手でした」

 中上が初日に記録した1分40秒381というタイムは、まだ昨年のカタルニアGPで自身が記録した予選タイムよりも0.5秒程遅いものであるため、まだタイムの伸びしろはあると考えられそうだ。

「FP2では、セッション開始直前に小雨が降ったので、最初のうちに一度タイムを出しておこうと思いました。最終的に3番手でしたが、さらに自信を獲得する一日となりました」

「明日、明後日は、グリップが上がっていくだろう路面コンディションにセッティングを合わせていくことが最大の課題になります。いずれにしても、今日のリザルトが、あまりプレッシャーにならないように明日は伸び伸びと走りたいです」と、中上も2日目以降にタイムが伸びていくだろうと示唆している。

「そして、がんばってくれているスタッフに良いグリッド、決勝結果をプレゼントしたいです。明日の予選では、チャンスがあればフロントロウを狙いたいです。今まで2列目にいきたくても3列目がやっとでした。まずは2列目に並ぶことに全力を注ぎます」

最終更新:6/15(土) 9:58
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ