ここから本文です

保育園内定後に辞令 1歳の娘、妻に任せ単身赴任 家族優先のはずが「取り返しのつかない時間失っている」

6/17(月) 7:03配信

withnews

■#父親のモヤモヤ

なぜ、父親は育児の主体としてみてもらえないのだろう。この「モヤモヤ」は、胸のなかに秘めたままにしておこうと思っていました。いまの社会で、仕事と育児のバランスで悩み、苦しんでいるのは圧倒的に女性です。そんななか、男性の自分がそれを言い出すことに、どこか遠慮してしまう気持ちがありました。

【漫画】赤ちゃんとの関係、恋人に例えると… 漫画から伝わる、育児のハードさ「少しでも多くの理解者を」

記者(44)は2017年1月、長女(2)の誕生にあわせて6カ月の育児休業をとりました。なのに、育休が明ければ、意識は長年染みついた「仕事モード」に逆戻り。知らず知らずの間に、妻(43)との意識のギャップも生まれ、半年後には転勤。1年間の単身赴任となりました。あのとき、どうすればよかったのだろう? 「父の日」があったこともあり、この間避け続けてきた自分のなかにくすぶり続ける「モヤモヤ」と、向きあってみました。(朝日新聞記者・武田耕太)

保活の情報、伝えられたはずなのに…

6カ月の育休を終え、すっかり「仕事人間」に戻ってしまっていた頃、妻の頭を占めていたのは「保活」でした。私が仕事に気をとられている間も、妻は1人で保育園見学を続けました。

そのたびに保育園の情報を伝えられていたはずなのですが、正直、あまり記憶に残っていません。家からの距離など、希望する保育園の情報は共有していましたが、結局、妻がどの保育園に、何カ所に希望を出したのかは把握していませんでした。

当時のことをいま、妻に尋ねると、妻は「ものすごく不安だった」と言います。育休を一緒にとってずっと相談しながらやってきたところから、急に1人だけ取り残されたような感覚。そのときの妻の気持ちを考えると、胸が痛みます。

保育園内定の数日後に決まった単身赴任

2018年2月、保育園の内定通知が届きました。最終的に妻は、認可と認証をあわせると20カ所以上の保育園に希望を出していました。そのなかでは最も家から遠い場所でしたが、妻は通知の紙を手に息をのみ、「決まった!」と声をあげました。その数日後、私の大阪転勤が決まりました。

苦労してつかんだ内定通知を前に、断る選択肢はありませんでした。私の単身赴任が決まりました。

単身赴任中は職場の理解もあり、月に2回は週末を利用して東京に帰宅することができました。ただ、職場復帰と同時にワンオペになった妻が、日々疲れ果てていく姿がみてとれました。

1/4ページ

最終更新:6/17(月) 7:03
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事