ここから本文です

「攻殻機動隊」っぽい! 文字や絵が光って浮かび上がる横断歩道がサイバーパンクでかっこいい

6/15(土) 10:30配信

ねとらぼ

 まるでSF映画に登場するような未来的な横断歩道を描いた映像作品「東京新型横断歩道」がTwitterで人々の目をくぎ付けにしています。

【画像で見る】横断歩道に浮かぶ3D映像

 映像を制作したのは、モーショングラフィックデザイナーのヨシダタカユキ(@__Stew__)さん。横断歩道の信号が青になると、歩行者マークや「ワタレマス」の文字が信号機から浮かび上がります。これだけで既にカッコいい。

 横断歩道上には歌舞伎の隈取を模した両目や「危険」「ワタリマス」などの文字が立体的に現れます。隈取のような目は、鋭い眼光で信号待ちの車を威嚇しているようにも見え、これには信号を見落とした車もギョッとして停車すること間違いなし。

 ヨシダタカユキさんのTwitterやInstagramには映像を見た人から「攻殻機動隊の世界のようだ」「ブレードランナー」など感嘆の声が寄せられています。実際に存在しているように見えるため、どこで見られるのか尋ねる人も。日本だけでなく海外からも、「これ本物だったらどんなにいいか」「日本に行きたい」「一晩中、押しボタン押していたい」といったコメントも見られました。

 この映像で多くの人に驚きを与えてくれたヨシダタカユキさんは、他にもInstagramに多くの作品を投稿しています。

画像提供:ヨシダタカユキ(@__Stew__)さん

ねとらぼ

最終更新:6/15(土) 10:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ