ここから本文です

”オリンピックスタイル”の国別対抗モータースポーツイベントが始動。今年秋に「FIAモータースポーツ・ゲームズ」がローマで初開催

6/15(土) 16:11配信

motorsport.com 日本版

 6月14日、フランスのパリでFIA世界モータースポーツ評議会の会議が行われ、『FIAモータースポーツ・ゲームズ』が今年の10月31日から11月3日にかけて、イタリアのローマで初開催されることが決まった。

【ギャラリー】クビアト、レッドブルカラーのボブスレーに試乗

 このFIAモータースポーツ・ゲームズは、各ドライバーが国を代表して戦うというイベント。GTレース、ツーリングカー、F4、ドリフト、カート・スラローム、デジタル・モータースポーツなどの競技が期間中に行われ、成績に応じて金メダル、銀メダル、銅メダルが授与されるという。

 どんなサーキットが使われるのが、このイベントにどんなレベルのドライバーが出場できるのか、ファクトリー契約のあるドライバーやプロドライバーが出場できるのかどうか……それらについての詳細は現時点では明らかにされていないものの、今後さらなる情報が発信されるものとみられる。

 モータースポーツの世界では、国別対抗をベースとしたイベントは、これまで限られるほどしか開催されていない。特に、FIA主催のイベントでは、国別対抗戦は皆無であると言える。”ワールドカップ・オブ・モータースポーツ”と謳われていたA1グランプリや、レース・オブ・チャンピオンズのネイションズ・カップなどは、国別対抗戦として行われたモータースポーツの例である。

 なおオリンピックは”機械”の比重が大きい競技を認めていないため、モータースポーツが”オリンピック競技”として行われた例はないが、フェリペ・マッサらは2024年のパリ五輪からこれを実現するために活動している。

最終更新:6/15(土) 16:11
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事