ここから本文です

龍ケ崎学生ボランティア 地域見守り防犯意識向上 流通経大1年に委嘱

6/15(土) 15:00配信

茨城新聞クロスアイ

流通経済大、龍ケ崎市、竜ケ崎警察署は14日、流通経大の新入生25人を学生ボランティア「Ryuパト」に委嘱した。緑色の専用ビブスを着て、日常生活で地域の見守りをするとともに、防犯意識の向上も担う。

3者は今年1月、Ryuパトの実施に関する協定を結んだ。これまでに50人の学生が委嘱され、活動に取り組んでいる。

市内にある流通経大龍ケ崎キャンパスであった式典で、桜井検二署長が学生たちに委嘱状とビブスを手渡し「大変心強い。若い力で防犯に協力してほしい」と激励した。

いずれも1年の田口竜生さん(18)と井上羽美さん(19)は「先輩たちがしっかり務めているのを見る。自分たちも責任感を持って活動したい」と力を込めた。(鈴木剛史)

茨城新聞社

最終更新:6/15(土) 15:03
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事