ここから本文です

「東京芸術祭2019」開催、ワールドコンペティションが新たに始動

6/15(土) 11:25配信

ステージナタリー

「東京芸術祭2019」が、9月21日から11月23日まで東京・豊島区池袋エリアを中心に開催される。

「東京芸術祭」は昨年2018年より総合ディレクターに宮城聰を迎え、プランニングチームとの協働体制によりプログラムを展開。「出会う。変わる。世界。」をテーマに掲げる今年19年は、世界各地のディレクターから推薦を受けたアーティストの作品を上演し、最優秀作品賞を決定する「東京芸術祭ワールドコンペティション 2019」を新たに始動する。

またドイツのトーマス・オスターマイアーが演出を手がける「暴力の歴史」や、全編手話で演じられるロシアのレッドトーチ・シアターによる「三人姉妹」、出演者を公募してクリエーションを行うノゾエ征爾演出「吾輩は猫である」など、多彩なプログラムがラインナップされた。

■ 「東京芸術祭2019」
□ 伝統芸能@野外公園「薪能(仮)」(東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業)
2019年9月21日(土)
東京都 東池袋中央公園 特設舞台

□ 伝統芸能@野外公園 「ひとはおどる(仮)」(東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業)
2019年9月22日(日)
東京都 東池袋中央公園 特設舞台

□ 「奈々福の、惚れるひと。」
2019年10月1日(火)
東京都 あうるすぽっと

□ 「フェスティバル/トーキョー19」
2019年10月5日(土)~11月10日(日)
東京都 東京芸術劇場、あうるすぽっと、シアターグリーン ほか

□ レッドトーチ・シアター「三人姉妹」
2019年10月16日(水)~20日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

□ デューダ・パイヴァ・カンパニー「BLIND」
2019年10月17日(木)~20日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

□ 「野外劇 吾輩は猫である」
2019年10月19日(土)~29日(火)
東京都 東京芸術劇場 劇場前広場
脚本・演出:ノゾエ征爾

□ 「暴力の歴史」
2019年10月24日(木)~26日(土)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス
演出:トーマス・オスターマイアー

□ APAF-アジア舞台芸術人材育成部門
2019年9月26日(木)~10月30日(水)APAF Exhibition 公演
2019年10月25日(金)・26日(土)APAF Exhibition ラップアップ
2019年10月27日(日)APAF Lab. 最終公開プレゼンテーション
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

□ 「東京芸術祭ワールドコンペティション 2019」
詳細未定

□ 「能でよむ~漱石と八雲~(仮)」
2019年11月9日(土)・10日(日)
東京都 あうるすぽっと

□ 「大田楽 いけぶくろ絵巻(東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業)」
2019年11月10日(日)
東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)、中池袋公園 ほか

□ コンドルズ×豊島区民「Bridges to Babylon -ブリッジズ・トゥ・バビロン-」(東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業)
2019年11月20日(水)~23日(土・祝)
東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
構成・映像・振付:近藤良平

■ 連携事業
□ 伝統芸能公演「神々の残照」(共催:アーツカウンシル東京、国立劇場)
2019年5月25日(土)
東京都 国立劇場

□ 第31回 池袋演劇祭
2019年9月1日(日)~30日(月)
東京都 豊島区内および近隣

■ 特別公演
□ NODA・MAP 第23回公演「『Q:A Night At The Kabuki』inspired by A Night At The Opera」
2019年10月~12月
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

□ 伝統芸能公演「本物の芸に酔う 近松二題~鶴澤清治の芸」
2019年11月28日(木)

最終更新:6/15(土) 11:25
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事