ここから本文です

【ベラトール】RENAに一本勝ちのリンジー「どこでも、誰とでも戦うわ」RENAの攻撃が効いたとも=試合後インタビュー

6/15(土) 15:41配信

イーファイト

 6月14日(金・現地時間)に米国ニューヨーク州のマジソン・スクエア・ガーデンで『Bellator 222』が開催され、海外初参戦となったシュートボクシング世界フライ級王者・RENA(27=シーザージム/試合は久保田玲奈で出場)に4分4秒、裸絞めで一本勝ちしたリンジー・ヴァンザント(25=アメリカ)が試合後の会見で勝利の喜びを語った。

【フォト】SNSで抜群のプロポーションを披露するリンジー、右下腹部には柔術のタトゥーが

 リンジーは「今でも信じられない気持ちでいっぱいよ。この試合が決まったとき、『MSGで試合するなんてすごいわね』と言われたけど、『ううん、いつもと同じ。試合は試合よ』と言ってたんだけど、試合が終わったら、本当に信じらない気持ちになったわ。今でもこれが本当に起こったなんて、信じられない」
と喜びを抑えられない様子で、多少興奮しながら笑顔でそう語った。

 裸絞めでの一本勝ちについては
「初めてのサブミッション勝利よ! ブラジリアン柔術の練習をかなりしてるけど、これまでサブミッション勝ちはなかったから、今回の勝利に私の柔術コーチも大喜びしてるわ。私がチョークの体勢に入った時、彼女は手を掴んで外そうとしましたが、私は『粘り強く絞めよう』と思ってグイグイ絞めて行ったらレフェリーにストップされて、彼女が落ちてると気づいたの」と柔術の度重なる練習が、裸絞めを極めさせたようだ。これまでのプロ戦績は5勝1敗とされ、5勝のうち少なくとも3勝がパンチによるKO勝利と言われてきたが、youtubeで確認すると、グラウンドに持ち込みパウンドでのTKO勝利が2戦確認できている。

 RENA戦の対策については「彼女が得意のスタンドでの打撃で攻めてくるのはわかっていたわ。実際にそうなったし。何発かもらって効いたけど、自分が得意なのはグラウンドだから早くテイクダウンしなきゃって思ってたの」とRENAの攻撃が何発か効いたと語った。序盤にRENAの右ストレートがクリーンヒットした場面や、RENAがケージを背に押しこまれた場面での膝蹴りがリンジーのボディに刺さった場面など、ダメージを感じさせる場面が見られた。

 更にリンジーは「これまで私が格下だと見られていたけど、それが間違ってると証明できた」とし、次の試合については「いつでもいいわ! ケガもないし。INVICTAでもベラトールでも、どこでも、誰とでも戦うわ」と意気込んだ。

 通常、105ポンド(47.6㎏)で試合をしているリンジーだが、今回は112ポンド(50.8kg)契約での試合だった。今後階級について聞くと
「今回はキャッチウエイトでの試合だった。私は通常体重が112ポンドだから、今回は全然減量しなかったの。だから試合ではRENAの方が(減量後のリカバリーのため)身体がだいぶ大きかったわ。(階級を上げることについては)試合にもよるわ。いいカードのオファーがあれば。今回、RENAは有名な立ち技選手で、私はグラウンド・ファイターだったから、いい組み合わせだった。そういう面白いカードなら、やるかもね」
 RENAを破ったことで今後、リンジーの日本での戦いも期待される。

最終更新:6/15(土) 15:55
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事