ここから本文です

【ONE】梅野源治を破ったロートレックがONEデビュー、ダウンを奪い初戦で勝利

6/15(土) 21:31配信

イーファイト

ONE Championship
『ONE: LEGENDARY QUEST』
2019年6月15日(土・現地時間)中国・上海・宝山(バオシャン)アリーナ

【フォト】額から流血しながらラウンドガールと勝利の記念撮影をするロートレック

▼ムエタイ/バンタム級
○ロートレック・P.K.センチャイムエタイジム(29=タイ)
判定3-0
●リアム・ハリソン(33=イギリス)

 ロートレックはルンピニースタジアム、ラジャダムナンスタジアムのビッグマッチイベントで活躍する人気選手。日本では2017年4月『KNOCK OUT』で梅野源治を下しその名を轟かせた。満を持してONEデビュー戦を迎える。

 対するハリソンは「ヒットマン」の異名を持ち、Instagram22万フォロワーを持つ欧州で絶大な人気を誇るイギリスのムエタイ選手。WBC、WMC、WPMF、WAKOの4つのムエタイ世界王座を獲得し、センチャイ、パコーンらムエタイの競合と拳を合わせた経験を持つ。ONEへは2018年12月に初参戦し、ペットモラコットに2RKO負け。今回が2回目の参戦となる。

 1R、オープンフィンガーグローブでのムエタイルール。両者オーソドックスから、右ローキックを放つハリソン。ロートレックがワンツーから右ローでハリソンを転ばせる。ロートレックが強烈な右ローを返すようになり、ハリソンは後退。左足でリズムをとりながらロートレックがジワリと前進する。ハリソンの右ハイキックはしっかりガード。終盤にハリソンが早いダブルの右ローをヒットさせる。

 2R、ハリソンが強いローキックを連打。ロートレックは笑顔を見せながら前進。大きな右フックをハリソンのテンプルにヒットしダウンを奪う。再開後、ロートレックは接近しヒザ、左右のパンチでプレッシャーをかける。左目下をカットしたハリソンも打ち返すが、ロートレックの前進を止められない。

 3R、パンチを強振し打ち合う両者。ロートレックはワンツーから右ローまでつなげる。スイッチしたロートレックは右のジャブから右フックを浅くヒット。両手を広げ打ってこいとパフォーマンスを見せる。しかしハリソンの右ボディから右フックがヒットし、ロートレックの足元が揺らぐ。ハリソンの終了20秒前に、スーパーマンパンチの構えから右ヒジがヒット。ロートレックが額上をカットし大きく流血したが、止められないまま試合終了。ジャッジ全員がロートレックの勝利を支持した。

最終更新:6/16(日) 4:30
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事