ここから本文です

『光のお父さん』ドラマからキャスト一新!坂口健太郎&吉田鋼太郎を抜擢したワケ

6/15(土) 20:06配信

シネマトゥデイ

 俳優の坂口健太郎と吉田鋼太郎がダブル主演を務めた『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』。2017年のドラマ版に引き続き実写パートを手掛けた野口照夫監督が、キャストを一新して挑んだ本作で坂口と吉田を抜てきした理由を語った。

キャスト一新!『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』本予告映像

 累計アクセス数1,000万超えのゲームプレイブログ「一撃確殺SS日記」の人気連載を基に、ずっとすれ違ってきた父の本音を知るため、正体を隠してファイナルファンタジーXIVの世界で共に冒険に出る息子の姿を描き出す本作。野口監督は、映画化の話をドラマ版の最終回のタイミングで聞いていたが、その時は再びメガホンを取ることは決まっていなかったそうで、「(映画化)おめでとうございますって。人ごとのように頑張ってくださいみたいな感じで聞いていましたね」と当時を振り返る。

 しかも、野口監督の胸にはドラマ版でやりきったという思いがあった。そのため、正式に映画が動き出してからもオファーを断ろうと思っていたという。「しばらくの間はずっと自分じゃない方がいいんじゃないですか? って話をしていましたね。同じ物語をやるという話だったんで、やり切った感があったんです。皆さんのことを考えても新しい血を入れてやったほうがいいんじゃないかと考えていました」

 そんな野口監督に火を点けたのは、プロデューサー陣のある言葉だった。「『あそこ上手くいってなかったよね』みたいなことを言われたわけですよ(笑)宿題をもらったというか。100%のものができるわけがないので、自分自身でも当然その思いはありました。例えばシナリオにしてももう少しこうすべきだったのかなとか、そういうものは多少なりともあったので、今回そこは改善をしようと思いました」

 そして、再び本作と向き合うことになった野口監督。当初はドラマ版のキャストが続投する案もあったそうだが、2018年2月、ドラマ版で父親役を務めた大杉漣さんの訃報が届く。そこで、製作人はキャストを一新することを決断し、千葉雄大と大杉さんからバトンを引き継いだ坂口健太郎と吉田鋼太郎が新たに主人公親子を演じることになった。

1/2ページ

最終更新:6/15(土) 20:06
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事