ここから本文です

【ONE】電撃参戦の秋山成勲、3年半ぶり復帰戦も20歳年下のターニに判定負け

6/15(土) 23:45配信

イーファイト

ONE Championship
『ONE: LEGENDARY QUEST』
2019年6月15日(土・現地時間)中国・上海・宝山(バオシャン)アリーナ

【フォト】秋山を軽々と持ち上げて投げるターニ

▼MMAルール ウェルター級
●秋山成勲(43=チームクラウド)
判定0-3
○アギラン・ターニ(23=マレーシア)

 秋山は柔道の世界大会などで活躍したあと2004年大みそかの「Dynamite!!」で腕十字による鮮烈一本勝ちでデビュー。HERO’S、DREAMに参戦後、2009年からUFCと契約し18年まで3度の敢闘試合賞を獲得。今回3年半ぶりの復帰をONE電撃参戦という形で果たした。

 対するターニは新進気鋭の23歳。7連勝全フィニッシュというレコードを誇っていたが、現在は2連敗中。レジェンド・秋山との試合に再起とビッグネーム喰いを懸ける。

 1R、両者オーソドックスの構えから、ターニがタックルを仕掛けるが秋山が柔道の投げを見せる。スタンドからターニが右のオーバーフック、右アッパーを単発でヒット。バックをとられた体勢のままコーナーに詰められた秋山が、前へ向いたところでターニのヒザが秋山の金的に入り一時ストップ。
 5分間のインターバルの後、再開。スタンディングでの打ち合いを仕掛けるターニに対し、後ろに下がり距離をとる秋山。コーナーで両足をタックルを受け、リフトアップされたところでラウンド終了。

 2R、ジリジリと前進する秋山に、ターニが右フック、左ミドルを出す。コーナーに詰めたところでターニがリフトをしかけ、危うく秋山がリング外へ転落しかける。立ちたい秋山をターニがリフトして投げる展開。疲れが見えるターニに秋山が左フックをヒット。コーナーに下がるターニへ秋山が右ボディ、左フックをヒットさせる。

 3R、プレッシャーをかける秋山がコーナーに詰め右後ろ回し蹴りを見せる。サウスポーへスイッチしたターニが左ミドル、ワンツーをヒット。秋山も右ストレートを返し、リング中央で単発ながら打ち合いを見せる。右バックハンドブローを当てる秋山に、ターニが大ぶりの左右フックを当て返す。終了10秒前にターニがタックルし、秋山が尻もちをついたところで試合終了。パワー、ヒット数ではターニが上か。ジャッジは3-0でターニを支持した。

最終更新:6/16(日) 3:45
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事