ここから本文です

【ユニコーンS予想】例年とは異なる傾向の今年、ダート競馬のスペシャリストが教える“狙うべき馬”とは!?/JRAレース展望

6/15(土) 18:34配信

netkeiba.com

 ユニコーンSは、中央競馬で最初の3歳ダート重賞です。当然、トップクラスの馬が集結してきます。毎年いろいろな路線から参戦してきますが、わかりやすく成績がいいのが「距離短縮馬」です。

 去年の勝ち馬ルヴァンスレーヴ、2年前の勝ち馬サンライズノヴァ、3年前の勝ち馬ゴールドドリーム、すべて前走1800m以上のレースを使っていました。これには、ハッキリした理由があります。3歳馬に東京1600mは、かなりタフな条件。それに加えて、重賞で3歳トップクラスが揃うので、これまでのレースで一番レースレベルが高くなります。そのため、同距離の1600mからの参戦でも前走とは違う厳しいペースのレースとなるので、直線で止まりやすくなるのです。

 今年は、オープンクラス好走実績がある馬で前走から距離短縮になる馬が、2歳王者ノーヴァレンダと兵庫CS2着ヴァイトブリック。この2頭は注目なのですが、例年なら参戦してくる前走が伏竜S、鳳雛Sの上位馬が不在(デアフルーグは、伏竜S1着後に青竜Sを使っている)。その点は、頭に入れておく必要があると考えています。そうなると、前走1600mの馬にも視野を広げる必要が出てきます。

 前走1600mの馬で、注目となるとやはり青竜S組。そのなかでも注目したいのが1、2着馬。デュープロセスは、前走1400mから距離延長で東京1600mの3歳オープンクラスを勝ちました。近4年で、1400mから距離延長で3歳オープンクラスの東京1600mを勝ったのはグリムのみ。これは能力がある証明になります。今後、重賞を勝つ資格がある馬と考えています。

 デアフルーグは、異色のローテ。普通は、伏竜Sを勝つと賞金に余裕ができるので、兵庫CS、ユニコーンS、ジャパンダートダービーを選択します。それを、東京コースを経験させておきたいということで、青竜Sを使っています。つまり、距離短縮で有利だったのが前走。これをどう判断するかポイントになりそうです。

 適性面では、トップスピードの速さとそれを維持する持続力が生きる条件です。条件戦に多い、スローペースで生きる先行力と瞬発力(上がり3Fの速さではなく、トップスピードになるまでの速さ)の重要度が下がるので、結果を出してきたレースの質の判断も重要になります。ローテでの有利さ、各馬の適性に加えて展開、枠順を考慮して最終的に狙う馬を選んでいきます。
(文=nige)

最終更新:6/15(土) 18:34
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事