ここから本文です

DeNA今永、千賀に投げ勝ち7勝目 食らいついた6回2/3を3失点

6/15(土) 9:00配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク4-5DeNA」(14日、ヤフオクドーム)

 納得はしていない。「今日に関してはリリーフの方々に助けられた」と振り返ったDeNA・今永昇太投手(25)だが、セ・リーグトップタイの7勝目を手にした結果は変わらない。強力打線相手に6回2/3、3失点。千賀に投げ勝ち、2016年から続くヤフオクドームでのチームのソフトバンク戦連敗を「6」で止めた。

 四回までパーフェクトピッチングを見せた。「簡単には点をやれない。何とか千賀さんに食らいついていこう」と必死で腕を振った。ただ五回以降、3本の本塁打で失点。七回途中で救援を仰いだ。

 それでもラミレス監督は「千賀に投げ勝ったということが大きい」と評価。「ここから上昇気流に乗っていけるように」と意気込んだ今永が、チームを高みへと導いていく。

最終更新:6/15(土) 9:26
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事