ここから本文です

「鬼灯の冷徹」新作OADの内容公開、國府田マリ子と高橋伸也が新キャラ演じる

6/15(土) 21:02配信

コミックナタリー

江口夏実「鬼灯の冷徹」29巻の限定版に付属する、新作OADの収録内容および先行カットが公開された。

【写真】「鬼灯の冷徹」新作OAD「十八番がないと辛いアレ」より。(メディアギャラリー他10件)

これは本日6月15日に行われた「アニメ『鬼灯の冷徹』地獄の大鑑賞会&トークショー in 日比谷」で発表されたもの。新作OADではアニメ初登場となる豊玉姫、塩椎(しおつち)といった龍宮城のキャラクターと展開される「閻魔帳と龍宮城」、お馴染みのメンバーがカラオケに興じる「十八番がないと辛いアレ」の2エピソードを映像化。豊玉姫役を國府田マリ子、塩椎役を高橋伸也が演じることも明らかになった。

モーニング(講談社)で連載されている「鬼灯の冷徹」は、広大な地獄を舞台に、閻魔大王の第一補佐官・鬼灯ら地獄の面々の楽しい日々を描くコメディ。アニメ第2期の2クール目に当たる「『鬼灯の冷徹』第弐期その弐」が、2018年4月よりTOKYO MX1ほかにて放送された。新作OADは9月20日発売の「鬼灯の冷徹」29巻を皮切りに、30巻、31巻の限定版に3連続で付属する。

(c)江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹OAD製作委員会

最終更新:6/15(土) 21:02
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事