ここから本文です

ヤクルトが九回に再逆転で勝利 荒木が同点打、山田哲がV犠飛

6/15(土) 17:24配信

デイリースポーツ

 「交流戦、西武5-6ヤクルト」(15日、メットライフドーム)

 ヤクルトが鮮やかな再逆転で勝利を収めた。八回に4-0から一気に5失点し逆転されたが、九回に代打・荒木の同点打、山田哲の決勝犠飛で白星をもぎ取った。

 二回に山崎の先制打、三回にバレンティンの2点打、さらに八回には青木の10号ソロと、効果的に得点を重ねていたヤクルトだったが八回にまさかの展開が待っていた。

 1死二、三塁で登板した梅野が源田を三振に打ち取ってから外崎に死球、さらに山川と森に連続押し出し四球を出してしまい2点差に。なおも満塁で投手はマクガフに代わったが、中村に3点適時二塁打を浴び、試合をひっくり返された。

 だが、ヤクルトは西武の抑え・増田を攻めた。中村が内野安打、山崎の犠打は野選を誘い、無死一、三塁で代打・荒木が右前に同点打を放った。さらに、藤井の犠打で1死二、三塁とすると、山田哲が右翼への犠飛で勝ち越しに成功。この1点が決勝点となった。

 勝ち投手はマクガフで4勝目。石山が8セーブ目。負け投手は増田で今季初黒星。

最終更新:6/16(日) 10:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 13:35

あなたにおすすめの記事