ここから本文です

東海以北は大雨に警戒を 突風や落雷にも注意

6/15(土) 18:08配信

共同通信

 気象庁は15日、発達した低気圧の影響で北日本(北海道、東北)と東日本(関東甲信、北陸、東海)は16日にかけて大雨になる所があるとして土砂災害や浸水に警戒するよう呼び掛けた。全国的に風も強まる。竜巻などの突風や落雷にも注意が必要だ。

 気象庁によると、近畿地方にあった低気圧が北東に進み、16日は日本海、17日朝には千島近海に達する見通し。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になる。

 15日は西日本を中心に風雨が強まり、高知県田野町で1時間に58.5ミリの非常に激しい雨を観測。和歌山市などで瞬間風速20メートル超の強い風を記録した。

最終更新:6/15(土) 18:08
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事