ここから本文です

巨人・原監督、若林の好走塁評価も2失策には苦言「少し守備の方もしっかり」

6/15(土) 19:56配信

デイリースポーツ

 「交流戦、日本ハム5-8巨人」(15日、札幌ドーム)

 巨人が五回まで毎回得点を重ね、打ちも打ったり11安打8得点で快勝した。原監督は2年目の若林の好走塁を評価も守備の2失策には改善を求めた。

【写真】15試合ぶりとなる一発、ベンチでマルポーズ出た

 7点リードの五回2死三塁。2ボール1ストライクからの4球目。吉田侑の投じたカーブが捕手の手前でワンバウンド。三塁走者の若林は果敢に本塁を狙い、俊足を生かし、本塁に滑り込んで追加点。「ジャッジメントは素晴らしい」と褒めた。

 一方で二塁の守備でも七、八回と立て続けに失策。「慌てるっていうんじゃないでしょうけど、少し守備の方もしっかりね」と厳しい姿勢をみせた。

最終更新:6/15(土) 20:19
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事