ここから本文です

J1神戸勝った!イニエスタ今季初弾でフィンク監督初戦白星

6/15(土) 20:56配信

デイリースポーツ

 「明治安田生命J1、FC東京0-1神戸」(15日、味の素スタジアム)

 今季2度目の監督交代を経た神戸が、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの今季初ゴールが決勝点となり、首位のFC東京に勝利。勝ち点3を手にした。

【写真】ゴールを挙げ、大喜びでピッチを走るイニエスタ

 前半を0-0で折り返し、迎えた後半4分。右サイドの西からのクロスを、ゴール左でフリーでボールを受け取ったイニエスタが、右足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。リーグ戦では4月28日の川崎戦以来、6試合ぶりのスタメン。途中出場した5月12日の鹿島戦以来4試合ぶりの出場となったイニエスタが、ドイツ出身のフィンク新監督の初陣で先制点をたたき出した。

 終盤はFC東京の反撃にゴールを脅かされたが、紙一重のところで失点は免れた。

 神戸はスペインの名門バルセロナを手本にしたクラブづくりをすすめていたが、昨季途中から就任していたリージョ元監督の意向で4月に契約を解除。吉田前監督が引き継いだが、今月8日にフィンク新監督の就任が発表された。リーグ開幕から3カ月半で2度の監督交代を経ての試合に注目が集まっていた。

最終更新:6/15(土) 21:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事