ここから本文です

阪神が悪夢の逆転サヨナラ負け 守護神・ドリスが1点のリード守れず、3連敗

6/15(土) 21:53配信

デイリースポーツ

 「交流戦、オリックス3-2阪神」(15日、京セラドーム大阪)

 阪神が悪夢の逆転サヨナラ負け。今季2度目のサヨナラ負けで、今季5度目の3連敗を喫した。

【写真】矢野監督が激怒、大山の走塁

 1点リードで迎えた九回。この回、マウンドに上がった守護神のドリスが先頭の代打・小島に右前打を許すと、続く福田の投前へのバントをドリスが一塁へ悪送球し、無死一、三塁と傷口を広げた。

 二盗で無死二、三塁となり、サヨナラの走者を得点圏に背負った。小田は三ゴロに打ち取り1死としたが、続く吉田正に中前へはじき返され、同点となった。さらにロメロにも左犠飛を許して、2試合連続の逆転負けとなった。

 拙攻続きのオリックスだったが、九回に主軸のバットで試合をひっくり返した。九回を抑えた2番手のエップラーが前日に続く2勝目を挙げた。

最終更新:6/15(土) 22:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事