ここから本文です

全英アルバム・チャート、ルイス・キャパルディが4週連続1位

6/15(土) 12:57配信

BARKS

今週のUKアルバム・チャートは、スコットランド出身の22歳のシンガー・ソングライター、ルイス・キャパルディのデビュー・アルバム『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』がリリース以来4週連続で1位をキープした。4週間1位に輝くアルバムは2019年初だった。

◆全英チャート 関連画像、動画

2位には、ジョナス・ブラザーズの10年ぶりのスタジオ・アルバム『Happiness Begins』が初登場。セカンド『Jonas Brothers』(2008年9位)、前作『Lines, Vines And Trying Times』(2009年9位)を上回り、5枚目でこれまでの最高位をマークした。

3位には、ロンドン出身のシンガー/ラッパー、MoStackのデビュー・アルバム『Stacko』が初登場し、今週はこのほか、ディヴァイン・コメディの12枚目のスタジオ・アルバム『Office Politics』が5位、アヴィーチーの遺した作品をコラボレーターたちが完成させた『TIM』が7位にチャート・インしている。

シングル・チャートは、アルバムほど動きはなく、トップ5が先週と変わらず、エド・シーランとジャスティン・ビーバーのコラボ「I Don’t Care」が5週連続で1位を獲得し、Lil Nas Xの「Old Town Road」、ルイス・キャパルディの「Someone You Loved」、ストームジーの「Vossi Bop」、ビリー・アイリッシュの「Bad Guy」と続いた。

今週新たにトップ10入りしたのは1曲のみで、ドレイクをフィーチャーしたクリス・ブラウンの「No Guidance」が8位をマークした。

Ako Suzuki

最終更新:6/15(土) 12:57
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事