ここから本文です

西日本、各地で激しい雨に このあとは関東や北陸でも荒天警戒

6/15(土) 18:53配信

ウェザーニュース

 15日(土)の近畿地方は発達中の低気圧が通過したため、各地で雨や風が強まり荒れた天気となりました。

 このあとも低気圧は勢力を維持したまま北上する見込みで、明日16日にかけて関東や北陸、北日本では荒天に警戒が必要です。

近畿では激しい雷雨と強風を観測

 大阪など近畿中部では昼頃までは晴れていたところもありましたが、午後になって天気が急変し、雨や風が強まりました。

各地の1時間雨量は、
郡家(兵庫県淡路市)38.0mm
家島(兵庫県姫路市)36.0mm
南淡(兵庫県南あわじ市)31.5mm

 などとなっていて、家島では1時間雨量の6月の記録を更新しました。

 また、雨とともに風も強く、最大瞬間風速は奈良市で24.3m/sと1953年の統計開始以降、6月としては最も強い風を記録しました。

 また、神戸市で24.5m/s、和歌山市で24.0m/s、大阪市で17.3m/sなど各地で強い風が吹き荒れました。

関東や北陸、北日本も荒天警戒

 低気圧は16日にかけて北日本に進み、今後は北日本の各地で雨が強まります。16日夜にかけての総雨量は太平洋側の多いところで150mmに達する予想で、土砂災害などに警戒が必要です。

 また、関東や北陸は16日は沿岸部を中心に風が強く、東京湾岸や新潟県では最大瞬間風速が30m/s前後に達する暴風となるおそれがあります。

 鉄道などの交通機関に影響が出る可能性があるため、最新の交通情報にもご注意ください。

ウェザーニュース

最終更新:6/15(土) 18:53
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ