ここから本文です

【映像】全米オープンは午前組が終了 タイガー・ウッズはイーブンパーで予選通過ラインでホールアウト

6/15(土) 6:44配信

ゴルフネットワーク

 現地14日、全米オープンゴルフ選手権(カリフォルニア州・ペブルビーチGL)は2日目午前組の競技が終了。注目のタイガー・ウッズはなかなかバーディが決まらない我慢の展開となり、1オーバーの72でラウンド、トータルイーブンパーで予選ラウンドを終えました。午前組の競技終了時点で予選通過ラインは2オーバーとなっています。

 タイガー・ウッズと同組でのラウンドとなった初日トップのジャスティン・ローズは、スコアをひとつ伸ばしトータル7アンダーで単独首位をキープしています。

 日本人選手で午前スタートだった3選手は、堀川未来夢が6オーバー、今平周吾が8オーバー、市原弘大が12オーバーで予選通過は厳しい状況となっています。

 初日2アンダーで終えた松山英樹は、15日午前6時9分にティーオフし、1番をバーディで通過しています。

最終更新:6/15(土) 6:44
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事