ここから本文です

最新のランドセル事情 6年間使うものだから「子ども自身」で色を選ぶが約50%

6/15(土) 11:21配信

ベネッセ 教育情報サイト

時代の流れと共に、赤や黒以外の色のランドセルも見かけることが多くなってきました。さらに最近では、刺しゅうや飾り金具を選べるものなど、色づかいだけではなくデザインも多様化してきています。いまどきの小学生や保護者は、どのようにランドセルを選んでいるのでしょうか?
そこで、今回は2018年4月に小学校に入学したお子さんを持つ保護者360人を対象に、2018年度版の最新ランドセル事情をアンケートしてみました。気になる結果を紹介していきます。

バリエーション豊富なランドセルの色、どう選ぶ?

最近のランドセルは驚くほどカラーバリエーションが豊かです。小学校入学に向けてランドセルの購入を考えたとき、多くの方がまず悩むのがランドセルの色でしょう。そこでまずは、今年小学校に入学したお子さんを持つ保護者に、どんな色のランドセルを選んだのかを聞いてみました。

男の子で一番多かったのは「黒系」で50%。次いで人気があったのは「青系」で14.3%でした。女の子は「ピンク系」が31.1%、「赤系」が29.9%で、僅差で「ピンク系」が第1位に。また、男女ともに「茶色系」や「パープル系」もそれぞれ約10%の人が選んでいます。定番の黒や赤は根強い人気がありますが、そのほかの色にも人気が分散しているのが最近の傾向です。

ここ数年で、メタリックな輝きのあるカラーも登場しています(※1)。そのほか、かぶせ(フタ部分)・本体、・サイド等のパーツごとに、パイピング・ステッチ・刺しゅうなどを選べるタイプのランドセルも多く販売されています(※2)。定番の黒でも、ステッチは赤などの目立つ色にしたり、黒だけれどよく見るとメタリックな輝きがあるものを選んだりと、ひと味違う色の選び方ができるのが、ここ数年の傾向の一つです。

小学生のお子さんがいる保護者が子どもだったころは、「男の子は黒」「女の子は赤」のランドセルが定番でした。しかし、ランドセルの種類が豊富になった現在では、こうした意識は変わってきています。

1/3ページ

最終更新:6/15(土) 11:21
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事