ここから本文です

渋沢栄一いくつかの小話(3)「損して得取れ」? 型破りな借金手口

6/15(土) 16:01配信

THE PAGE

 「日本の資本主義の父」と称される渋沢栄一が、2024年から新しい1万円札の顔になります。江戸後期から明治、大正、昭和を生き抜いた実業家で、第一国立銀行をはじめ、日本初の私鉄である日本鉄道会社や王子製紙など約500の会社に関わった一方、約600の社会公共事業にも力を注ぎました。市場主義経済の象徴として現在の取引所の姿があるのは「渋沢のおかげ」と評価され、企業コンプライアンスが厳しくなった現代にあって、その哲学が再び注目されています。そんな渋沢の考え方や人柄が伝わるエピソードを、硬軟織り交ぜて集めました。市場経済研究所の鍋島高明さんが4回連載で紹介します。第3回はいくつかのエピソードを集めました。

【画像】渋沢栄一いくつかの小話(4完)岩崎弥太郎と熾烈な海上覇権争い、日本郵船が誕生

●香港でコックになる?

 慶応3(1867)年、渋沢は水戸の民部大輔(みんぶたゆう)徳川昭武に従って洋行の途に就こうとしていた。ところが洋服がない。急いで横浜に行き古着商でイブニングコート(燕尾服、夜会服)を一着買い、大喜びの渋沢は友人たちに自慢気に言った。「この服は腹部が短くて、腰部が長い。思うにこれは西洋のサムライが着る服に違いない」。友人たちも「多分そうだろう」とうなずいた。

 一行が香港に着いてホテルに入ると、ボーイの態度が怪しい。渋沢だけが冷遇されているようだ。渋沢は怒ってボーイをなじった。ボーイは平然として言った。「あなたはコックではないですか」。この時初めてすべてを知った渋沢はまさに冷や汗3斗。当時欧米ではコックは常にイブニングコートを着る習慣だったから渋沢はコックに間違われたのである。

●岩崎弥太郎から美人を奪う

 渋沢栄一と三菱グループの創業者・岩崎弥太郎は明治の財界でそれぞれ一派を成し互いに譲らず、相対立していた。明治初め、岩崎は隅田川に数十隻の屋形船を浮かべて観桜の宴を催した。

 新橋、柳橋といった花街のキレイどころを大勢はべらして、三菱の隆昌を天下に誇示せんとしていた。岩崎の乗った船は名妓数人を従え、悠然と杯を挙げていた。

 天下の経済人たちは何とか岩崎の盃にありつきたいと船を岩崎に近づけようとする。この日の岩崎の思い入れは有象無象の経済人ではない。狙いは渋沢である。岩崎はかねて渋沢の知略をほしいと念じていた。「敵将をくじくはこの時機をもってすべし」とばかり、使いの者を渋沢のもとにやり、渋沢が岩崎の船に乗り移る。

 渋沢は岩崎に一礼すると、岩崎のそばに胡坐を組んで、「これは大変なご馳走だ」と言いながら杯を次々と空にしていく。酔いが回った渋沢は名妓の膝を枕に横になる。岩崎の狙いはまさに的中寸前である。岩崎「渋沢君、起きろよ、もっと飲めよ」と渋沢をゆする。

 渋沢「私はもういかん。酒は御免じゃ。その代りこれを借りていくよ」と、岩崎が最愛の妓3人を連れて渋沢愛用の向島の料亭「八百松楼」に上り、別宴を張る。岩崎は茫然としてポツリ。「あいつのすることは実に癪に障る。どうもえらもんじゃ」。岩崎は渋沢を篭絡することにまたも失敗する。

1/3ページ

最終更新:6/17(月) 10:26
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事