ここから本文です

43歳で総合復帰も身体は“バキバキ” 秋山成勲「日本格闘界の規模縮小には寂しい気持ちも…ONEを韓国の若者の受け皿に」

6/15(土) 10:04配信

AbemaTIMES

「休んでいる間はトレーニングしつつも、仕事に集中していました。その間、UFCとの契約はあっても、契約条件の中にあった韓国大会はずっと延期の状態が続いていたので、自分自身のモチベーションの低下要因になっていたのは間違いありません」

 6月15日(土)に行われるONE Championship上海大会『LEGENDARY QUEST』において、2015年11月のUFCでの公式戦以来となる4年ぶりの公式戦復帰、さらにONEでのデビュー戦に臨む秋山成勲。昨年末に発表されたONE参戦に関して「生きていく中で、すべてにおいてタイミングは大切。UFCで格闘人生を全うするつもりだったが、そんな折、『格闘代理戦争2nd』の話を頂き、そこで教え子のユン・チャンミンが優勝を果たしたことでONE Championshipとの契約を手にした。契約の場に付き添う過程で会長のチャトリと話す機会もあり、ONEに参戦することになった」と“タイミング”を強調する秋山。自身4年ぶりの公式戦復帰を果たす6・15には、そのユン・チャンミンをはじめ、彼と同様に『格闘代理戦争3rd』でONEへの扉を開いた平田樹の参戦も決定している。

 この数奇な巡り合わせを「何か意味があると思うし、互いにモチベーションが上がる」と素直に喜ぶ秋山は、格闘家としての集大成と位置付けるONEの舞台について「客観的に見て」と前置きをしたうえで「格闘技の新しいパイオニアになる可能性を秘めている」と話し、格闘技界の“起爆剤”として期待を寄せている。

 そんな秋山が15日に戦う相手は、若干23歳。秋山より20歳も年下のアギラン・タニ(マレーシア)だ。一回り以上も若い実力者との復帰戦を前に秋山は「正直不安だらけ。不安で仕方がない。闘えるのか、いい試合ができるのか、思い通りに身体が動くのか……年齢やブランクも考慮すると、今まで以上に不安が頭をよぎる」と本音を口にする。しかし、やるからには勝つしかない。そこは勝負師である秋山だけに「相手がどうのこうのよりも、闘いに向けて自分のポテンシャルを上げていくことが大切」と前を向く。

 もう一度だけ気持ちを奮い立たせるうえでは、父の「何でも挑戦しろ」という言葉が背中を押したとも秋山は続ける。

「正直、このままフェードアウトしても食っていくには困らないんです。お金だけど、お金じゃない。もちろんお金は必要だけど、お金は自分の勝ちを決める単なる数字にすぎない。今回の復帰を父親が言う『挑戦』といえばそうなるけど、偉業を達成した人は一様に挑戦を続けているし、だからこそ光っていてカッコいい。新しくこの年齢で挑戦することは大きなモチベーションになっている。そのことを他の人がどう思うかは分からないし、ただの自己満足になるかもしれないが、それでもいいんです。年齢に抗っていくのも1つあるし大切なことではあるけど、自分は加齢という自然の流れを受け入れたうえで、次に進んだ方が、人として上手く流れていくと感じています」

1/2ページ

最終更新:6/15(土) 10:20
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事