ここから本文です

マチルダボブやバズカットも…38歳ナタリー・ポートマンの美貌をデビューからプレイバック

6/15(土) 22:30配信

ELLEgirl

1994年13歳のときに『レオン』のマチルダ役で一躍脚光を集めてから、今年で25周年を迎えるナタリー・ポートマン。6月9日に38歳を迎えた彼女の美を祝して、デビュー当時から2児の母になった現在まで25年分の魅力をお届け!

【写真】『レオン』から最新映画まで、ナタリー・ポートマンの出演作を一挙紹介

13歳(1994年)

オーディションで2000人以上の候補者から映画『レオン』のマチルダ役を勝ち取ったナタリー。ほぼノーメイクであろう彼女の頬には、バラのような美しさがすでに宿っている。

18歳(1999年)

この年にハーバード大学に入学、さらに映画『スター・ウォーズ/ファントム・メナス』が公開されるなど、彼女の人生において分岐点となったであろう時期。メイクも、スモーキーアイと斜めに入れたローズチークで、女性としてのパワフルさをよりブラッシュアップ。

22歳(2003年)

この年にハーバード大学を無事卒業し、心なしか落ち着きを感じさせる表情のナタリー。『レオン』以来となる、マチルダを彷彿とさせるような切りっぱなしボブに、世界中が歓喜したはず!

24歳(2005年)

映画『Vフォー・ヴェンデッタ』の役作りのため、バズカットにシフトし、世界中に衝撃が! 幅広に入れたスモーキーアイとストレートブロウで、シャープなイメージをメイク。

27歳(2008年)

カンヌ国際映画祭のムードにふさわしい、華やかなルックで登場したナタリー。カールを効かせたヘアと後れ毛で南仏らしいリラックスムードに。スカーレット・ヨハンソンと共演した映画、『ブーリン家の姉妹』がヒットしたのもこの頃。

30歳(2011年)

『ブラック スワン』の振付けを担当したフランス人ダンサー&振付師、ベンジャマン・ミルピエとの結婚と妊娠を発表し、公私ともに順風満帆なナタリー。彼女のアイコンメイクともいえる、ブラウンアイシャドウとピンクベージュリップで、凛々しさを強調。

36歳(2017年)

第2子を妊娠し、幸せオーラ全開のナタリー。ドレスとのバランスをとるために、ヘアはコンパクトなシニヨンスタイルをチョイス。

現在(2019年)

切りっぱなしロブに、ナチュラルなメイクアップ。キャリアもプライベートも幸せを手に入れた現在は、まさにエフォートレス・シックな女性に変貌。ナタリーの美しさが今後、どうアップデートされていくのか、これからも目が離せない!

(Text : Nathalie Lima KONISHI)

最終更新:6/15(土) 22:30
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事