ここから本文です

野添ゆかりが快勝 ブロック2位に浮上/麻雀・プリンセスリーグ

6/15(土) 11:32配信

AbemaTIMES

 女流プロ24人が頂点を争う麻雀ウォッチ・プリンセスリーグの第2節、予選Aブロック2卓が6月14日に行われ、野添ゆかりが+108.4の好成績で卓内トップを取り、ブロック順位でも2位に浮上した。

 第1節をマイナスでスタートした野添だったが、今節は2着・トップ・トップ・2着、マイナスなしのオール連対。一気に準決勝に進めるブロック2位まで順位を上げることに成功した。「なんとかプラスに出来て嬉しいのですが、追われる立場の次節が非常に怖いので、より気を引き締めて頑張ります」と、気持ちを入れ直していた。

【試合結果】

1位 野添ゆかり(最高位戦)+108.4
2位 朝倉ゆかり(協会)+68.0
3位 上田唯(協会)▲82.5
4位 大崎初音(協会)▲93.9

※協会=日本プロ麻雀協会、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会

【第2節Aブロック2卓終了時点での成績】カッコは対局数/予選対局数

1位 瑞原明奈(最高位戦)+205.2(8/12)
2位 野添ゆかり(最高位戦)+83.3(8/12)
3位 松島桃(協会)+38.0(8/12)
4位 上田唯(協会)+3.0(8/12)
5位 朝倉ゆかり(協会)▲18.7(8/12)
6位 西嶋千春(最高位戦)▲79.7(8/12)
7位 水瀬夏海(協会)▲115.3(8/12)
8位 大崎初音(協会)▲115.8(8/12)

◆麻雀ウォッチ・プリンセスリーグ 最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、麻将連合、RMUの4団体から総勢24人の女流プロが集結し頂点を争う。24人を3ブロックに分けての予選(1人12半荘)、予選3~5位によるプレーオフ、予選1、2位+プレーオフ勝ち上がり者による準決勝、準決勝勝ち上がり者による決勝と進行していく。プレーオフ以降、予選のポイントはリセットされる。

最終更新:6/15(土) 11:32
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ