ここから本文です

子供の進学先にインターナショナルスクールを検討する親が増加中!?その理由とは

6/15(土) 21:00配信

LIMO

日本に在住している外国籍の子供や、帰国子女の子供が通うことが多いのが、インターナショナルスクールです。日本以外の国の子供たちや様々な文化に触れることができ、日本の学校とは一味違った教育を受けられるということで、子供の進学先にインターナショナルスクールを検討する親が増えてきているようです。

この記事では、子供をインターナショナルスクールへ通わせるメリット、スクール選びのポイントと、都内でおすすめのインターナショナルスクール5選をご紹介します。

インターナショナルスクールに通う3つのメリットって?

様々な国の子供たちが通っているインターナショナルスクールですが、帰国子女でも外国籍でもない自分の子供がインターナショナルスクールに通うと、どのようなメリットがあるのでしょうか? 

 メリット1 子供のうちから英語力が身につく

インターナショナルスクールでの生活は、英語でのコミュニケーションがメインになります。英語で会話をしなければならない環境に飛び込むことで、子供のうちから英語を上手に使えるようになります。日本の小学校でも2020年より英語が必修となりますが、インターナショナルスクールならわざわざ英語を教科として学ばずとも、自然な使い方や言い回しを覚えることが可能でしょう。

 メリット2 世界各国の子供たちと交流し、異文化に触れられる

世界の様々な国から来ている子供たちや、その子供たちの国の文化に触れることで、日本にいながらその国のことや考え方・文化の違いについて子供のうちから触れ、考えることができます。日本人以外の友達ができ、日本以外の国の考え方を知ることで、子供は自然と視野の広い考え方ができるようになります。

 メリット3 個性を伸ばすことができる

様々な文化背景を持った国の子供たちが通うため、日本の学校と比べインターナショナルスクールは校則がそれほど厳しくないところが多いようです。1人1人の個性を尊重しながら教育を行うだけでなく、子供たちも自然に相手との違いを尊重できる考え方を身につけられるようです。

1/3ページ

最終更新:6/15(土) 21:00
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事