ここから本文です

スープストックトーキョー初、大阪・梅田にカレー居酒屋が誕生

6/15(土) 21:50配信

Lmaga.jp

スープ専門店として人気の飲食ブランド「スープストックトーキョー」(本社:東京都目黒区)が6月17日、新業態のカレー居酒屋「YELLOW(イエロー)」を大阪・梅田にオープン。お酒とスパイスをテーマにした料理のほか、珍しいサービスもおこなう。

【写真】カレーや唐揚げ

これまでメニューのひとつとして、カレーを提供してきた同ブランドだが、「各国のカレーを研究するカレーマニアの開発担当がいるのですが、従来の店舗数では実現できないメニューも。新店の居酒屋はこれまで培ってきたスパイスの知識を活かし、全く異なる業態となります」と、広報担当者は説明する。

料理はカレー11種(各500円)のほか、インド、スリランカ、ネパールの郷土料理をアレンジした小皿料理やドリンクがそろう「イエロー」。カルダモン、コリアンダー、ターメリックなど多様なスパイスが使われているのが特徴だ。

現地の料理人から直接学んだ、外はパリッ、なかはもっちりとしたクレープ生地の「エッグホッパー」(660円)や、餃子型に仕上げたネパールやチベットの「茹でもも」(4個500円)には独自のタマリンドソース付き。こちらにはエンドレス方式があり、スタッフがわんこそばの如くお替わりを運んでくれる(ももは茹でか焼きを選べ6666円)。

また、同店ではランダムに入ったお皿のマークを見つけると、別テーブルのお客を1人奢ることができる「オゴリビト」という一風変わったサービスも。これは、旅先での思いがけない出会いといった非日常的体験を、都心部で味わってほしいという思いから企画されたとのこと。

場所は商業施設「グランフロント大阪ショップ&レストラン 南館」の1階。営業時間は11時から23時で、17時まではカレーのランチセット(1100円~)や、デザートとドリンクでカフェ遣いもできる(料金は全て税別)。

最終更新:6/15(土) 22:39
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事