ここから本文です

朝乃山、富山の障害者施設で交流

6/15(土) 13:08配信

北日本新聞

 大相撲夏場所で初優勝した富山市呉羽町出の朝乃山(25)=高砂部屋=は15日、富山市西公文名町の障害者施設ラッコハウスを訪れ、利用者や地域住民ら150人が歓迎した。

 施設長の道渕吉則さん(55)が朝乃山富山後援会の個人会員になっていることを縁に訪問が実現。朝乃山が登場すると、一目見ようと施設の外にも集まった人々が握手を求めたり体を触ったりして歓声を上げた。

 朝乃山は「皆さんのおかげで優勝できた。来場所も勝ち越し目指して頑張ります」とあいさつし、利用者らと記念撮影した。道渕さんは「全勝優勝してほしい」と激励し、施設がデザインしたしこ名が入った特製タオルを贈った。

北日本新聞社

最終更新:6/15(土) 13:14
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ