ここから本文です

土砂災害の恐ろしさ学ぶ 富山で砂防フェア

6/15(土) 22:35配信

北日本新聞

 土砂災害や地震の恐ろしさを学ぶ「砂防フェア2019」が15日、富山市のグランドプラザであり、家族連れらが実験や体験を通じて防災意識を高めた。

 土石流を再現する3Dシアターや、震度7の強い揺れを体感できる地震体験装置などが並んだ。ステージでは防災科学技術研究所(茨城)の職員が実験ショーを披露。透明な筒に発泡スチロールの球を流し、雪崩や土石流の勢いを分かりやすく説明した。

 フェアは、県や国土交通省立山砂防事務所などでつくる実行委員会が6月の土砂災害防止月間に合わせ、毎年行っている。

北日本新聞社

最終更新:6/15(土) 22:35
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ