ここから本文です

キャサリン妃、エリザベス女王の長女を思わせるドレスに絶賛の声!

6/15(土) 18:45配信

Movie Walker

毎年恒例で行われている、エリザベス女王の公式誕生日を祝う「トゥルーピング・ザ・カラー」がロンドンで開催された。2017年、2018年と、ピンク、ブルーのアレキサンダー・マックイーンのドレスで決めたキャサリン妃が今年選んだのは、やはりアレキサンダー・マックイーンのもの。ウェディングドレスに同ブランドを選んだとあって、信頼は絶大な様子。

【写真を見る】ピンク、ブルーに続き今年はイエロー!目にも爽やかなキャサリン妃のドレス姿

今年は、ダブルカラーが特徴のイエローのコートドレスに、大きくまとめたシニヨンに昨年のメーガン妃の挙式で身に着けていたバラのついた大きなファシネーターで、しっかり日差しをカバー。余裕の笑みを浮かべ、大勢の観衆に見守られながら、カミラ夫人、ヘンリー王子、メーガン妃と馬車でバッキンガム宮殿に向かう様子に、「圧巻!」「パーフェクト・ビューティ」「エレガントでゴージャス」「貫禄が出てきた」と相変わらず、称賛の嵐が吹き荒れている。

また、バルコニーでキャサリン妃がルイ王子を抱っこしている光景について、鋭いロイヤルウォッチャーが、ルイ王子が、1986年にヘンリー王子が着ていたおさがりを着ていると指摘したが、ヘンリー王子を抱っこしていたエリザベス女王の長女アン王女がイエローのドレスを着ていたことから、「OMG!キャサリン妃はヘンリー王子のみならず、アン王女にも敬意を払うなんてすごすぎる!」「夫婦や子どもたちとのコーデじゃなくて、こんな粋な計らいまでするなんて脱帽」「エリザベス女王にとって完璧な存在」「ウィリアム王子は幸せ者」「良妻賢母とはこのこと」「天は二物を与えるのね」「容姿もドレスも気遣いもパーフェクト!」といった、人格までをも絶賛する声も多く寄せられているようだ。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

最終更新:6/15(土) 18:45
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ