ここから本文です

日ハム金子、3回途中で今季ワースト6失点KO「力任せにいってしまった」

6/15(土) 19:32配信

Full-Count

初回に制球に苦しみ3連続四球などで3失点 2回には丸に2ランを被弾した

■巨人 8-5 日本ハム(交流戦・15日・札幌ドーム)

 日本ハムの金子弌大投手が15日、本拠地で巨人に先発。3回途中7安打6失点で今季4敗目を喫した。

【動画】球場どよめき、栗山監督は笑顔で拍手…畠山愛理さんが始球式、アクロバティックすぎる投球フォームの一部始終

 初回から制球に苦しんだ。先頭の亀井に左翼線二塁打を許し、1死後に3連続四球を与えて先制点を献上した。さらに阿部の右翼線二塁打で2点を失った。「大胆に行くところと気を付けていくところがうまく噛み合わなかった感じですかね」と振り返った。

 2回にも丸に右越え2ランを浴び、3回に小林に中前適時打を許したところで交代を告げられた。2回1/3での降板は先発としては今季最短。6失点は今季ワーストだった。

「もうちょっとストライクからボールになる変化球を投げたかったです。決めにいった時の変化球が簡単に見逃せるとこにいくのが多かったので。感覚的には感じが良くて、力任せにいってしまった」と反省点を挙げた。最後は「次はしっかり抑えて、チームに勝てるようにしたいです」と次回登板での雪辱を誓った。

石川加奈子 / Kanako Ishikawa

最終更新:6/15(土) 19:32
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(火) 18:10

あなたにおすすめの記事